So-net無料ブログ作成
検索選択

第2子出産当日ドキュメント。 [あゆぽん0歳]

いつその時が訪れるのか・・・どきどきな39w5d。
(長くなっておりますので、興味のある方だけご覧ください。)

スポンサードリンク

9:00  おしるしが来た!
おしるしが来ると遅くても1週間以内には
出産に至るという。

ひとりめの時はおしるしが来た
その日に産まれたので、緊張が走る。
しかも量が多かったので焦ったが、
ググってみると「生理の時ほどでなければ大丈夫」と
書かれていたので、該当しないと判断し安心する。

おしるしが来たけど、陣痛はないよと家族に報告。

9:30  かなり下腹部が痛くなる。
15分くらい継続して痛かった。
これは陣痛ではない、前駆陣痛だなと判断。

この間、朝食の支度⇒朝食⇒片づけをしている。


10:30  再びお腹が張ってくる。
時を同じくして娘がぐずり出す。
作っていたビーズの糸が切れバラバラになり、
引っ張られていた力でビーズが四方八方に飛んでしまった。

折角上手に作れていたから、全て集めて同じ順番に
並べ直すという。そんな無茶苦茶な・・・。

あまり普段見ることのないぐずりよう・・・。
これに火をつけては大変と努めて優しく話しかける。

張っては引いていく自分のお腹の張り方も
これは陣痛かな?という雰囲気に。
早く娘を泣き止ませて自分も何とかしないとと、
冷静を装いつつもかなり焦る。


11:30
何とか娘も泣き止み、ビーズの再作成完了。

1時間に5回痛みが走った。
よく時計は見ていないが間隔は15分以内。
・・・ということでようやく家族に報告、
病院に電話。

「陣痛が1時間15分以内になってきたので、
電話したんですけど・・・。」
「10分で大丈夫ですけど、検診の時に何か言われましたか?」
(あれっ!?病院のマニュアルには経産婦15分と書かれていますが)
はじまったら早そうだとは言われました。」
「病院までどのくらいかかりますか?」
「30分くらいです。」
・・・といった会話をして来てくださいということになる。


11:55  病院へ出発。
ささっと荷物をまとめ、主人がいたので
家族3人、車で出発。

直前まで使うだろうと予想して、
最後に詰めようと思っていたリストをチェック
最終の荷造りをしたが、痛みの中で詰めながら、
これは入れておいてもよかっただろう自分!と
判断の甘さを責めてみたり^^;。

車に乗り込んだら陣痛の痛みが弱まった気が・・・。
判断を誤ったか一瞬不安になりましたが、
痛みの感覚を時計で確かめると
規則正しく8分間隔になっています。

はやーーーーい!!

これは出てくるな、と確信します。


12:25  病院へ到着。内診。
「子宮の膜が薄くなってぺらぺらです。
このまま入院してください。」
ぺらぺらってどういうことですか?と
聞いて返答を得たのですが、
イマイチ腑に落ちず忘れてしまいました^^;。
遠からず出産に至るらしいことは
理解出来ました(笑)。


12:50  陣痛室へ移動。
娘のお稽古事があるので、ふたりは一旦帰ります。

昼ご飯食べそびれたなぁ・・・と思っていたら、
助産師さんからも何か食べるように指示される。
次に来る時に何か持ってきてもらうよう、
主人にお願いする。

40分間、モニターを付ける。
自由な姿勢でよいと言われるものの、
動くとモニターがずれてしまうので、
ベッドで横になることにする。

モニターが外れた後は、
痛みは徐々に強くなっていく気がしますが、
8分間隔から短くならず、
まだまだ産まれないだろうなぁと思いながら、
いい波が来るように、
スクワットなんかをやりながら過ごす。

14:30  再びモニターを付ける。
今度は10分くらいだったと思う。

14:50  助産師さん、看護師さんがやってくる。
3人もバタバタと入って来た。
一体何事だ?と思っていると、
扉の外で娘を送り届けた主人が戻ってきた気配。
これから内診するので待っているように、
別の看護師さんに言われている。

「もう1回モニターつけますね。」
モニターをつけて、何やら話をしている。

「赤ちゃんの心拍数が上がって来てるので、
ちょっと早いんですけど、用意が出来たら、
分娩室に移動しますね。出来そうですか?」
「大丈夫です。」
うん、全然大丈夫ですけど・・・と内心余裕で思う。
(折角の差し入れを食べそびれた!と食いしん坊は思いました笑。)

15:00 分娩室へ移動。
主人が陣痛室へ入るのを許される。
・・・とすぐに分娩室への移動を指示され移動。
陣痛の波を見て移動する。

どんな感じか主人に問われたので、
結構痛いけど産まれそうって感じはしない。
自分としてはまだまだな感じ。と
かなり呑気に話していた。

まだそれぞれ助産師さんたちも自分たちの
準備を整えているところ。

15:15  激痛が走り。時計を確認。
びっくりするくらいの激痛が走る。
こんなに痛かったっけ????

そんな中、ひとりめは微弱陣痛でお薬の力を
借りたことなどを思い出し、
実際こんなに痛くなかったのかな・・・。

今なら移動出来なかったな。
助産師さんの判断さすがだな・・・。
などと冷静に思う私。

しばらくはいきみ逃し。
ふーっと長く息を吐き頑張ります。

娘はお稽古事の後、友達にお母さんに預かってもらって
いました。突然のお願いに快く受けてくださった事に
感謝しつつ、長くなったら迷惑かけるから、
頑張って早く産まないと・・・と再び冷静に考える私。

思わず目をつぶってしまうと開けるように言われ、
(それだけでも力が分散されるからよくないそうです)
身をよじりたくなると真っ直ぐにと言われ、
自分がその方が心地よいからと直さずにいたら、
余計な時間がかかる。

早く痛みから解放されよう。
娘を早く迎えに行ってあげよう。
やけに頭の中は冷静でクリアでした。

指示されたことを忠実に実行しようとしますが、
自分では出来ているもんだかどうだかわかりません。
絶えず「大丈夫ですよ」「出来てますよ」
「上手ですよ」「さすが経産婦さん」などなど
声をかけてくれたことは心強かったです。

左手には主人の、右手には看護師さんの手を握り・・・

16:13  3,084gの女の子誕生。
birth01.jpg
分娩所要時間 4時間22分。

プレッシャーから解き放たれました。
よかったーと5回くらい叫んだと思います。

<ひとりめと違った点>
後陣痛がめちゃくちゃ痛かった。
ひとりめの時は意識が飛んでいたのか、
後陣痛の記憶がありません。
痛いという情報は知っていましたが、
予想よりずーっと痛かった。
縫うのも痛かった。

出産の方がもちろん痛いはずですが、
それは逃げられないし、
赤ちゃんも頑張っているし、
いっちょやったる!みたいな気概もあります。

そこからようやく解放されたのに、
まだ痛いんかい。
痛み止めとかないんですか?と聞きたくなりました。
急に弱気になっちゃいますね^^;。

頭が出てくる時が痛かった。
これも感覚は覚えているのですが、
痛かった印象はなし。
ひとりめの時は相当朦朧としていたようです^^;。
まるではじめてのように体験出来てよかった(笑)。

<ちょっといい話!?>
ひとりめは里帰り出産、
ふたりめは普段の住まいの近くで出産しました。

ふたりめは立ち会いでした。
(立ち会いを決めていた訳ではなく、間に合えば・・・という緩いスタンスでした。)

ひとりめの時、産まれる瞬間には間に合いませんでしたが、
パパが到着したのは、産まれて間もなくでした。

東京から北海道ですから十分に早いタイミングです。
最終的には16時間で初産としては、
平均的な所要時間でしたが、
もういつ出てきてもおかしくないと
言われてからが長くかかった出産でした。

途中パパが〇時頃着きそうだという情報がもたらされた時、
「まさかパパを待っているんじゃないでしょうね!?」と
看護師さんの誰かが言って、分娩室が凍りついたシーンは
強く印象に残っています。
(もし来なかったら、もっとかかっていたのかと思うと恐ろしい限りです。来てくれてよかった笑。)

ふたりめはパパが到着と同時に陣痛が
本格的になり出産。

あぁ、みんなパパを待ってるんだな、
パパにもママにも会いたいんだな、
と妙に納得し感動しました。

予定日が近づいて来ると、
「どう?産まれそう??」みたいなことを
みんな聞いてきます。

その度にひそかに思うのは、
そんなのわかれば私が知りたいよ・・・ってこと^^;。
もちろん妊婦さんに聞くのが一番で、
他に聞ける対象がないのはわかります。
十分にわかってはいるんです。
でも返答に困る、曖昧に言葉を
濁すことしか浮かばない質問だったりします。

よし、出て行こう!って決めてるのは
べびちゃんの方でママは協力者なんですね。
ママの意思で陣痛のタイミングは決められません。

ものすごい激痛が走ったのが、
あまりに突然だったので戸惑いを口にした時、
助産師さんが言った、
「今、赤ちゃんが急にやる気出しちゃってるから、
お母さんも頑張りましょうね。」のひと言。
まさにこれなのかな。

生まれながらにして自分の人生を生きているんですね。
そしてママはずーっとサポーターなんだな。
今回の出産を通して私はそう思いました。

出産って本当にドラマです。
無事に出てきてくれた・・・それだけで感謝感謝です。
自分の人生をしっかり生きてください。
サポーターも頑張ります。
産まれてきてくれてありがとう!

【関連記事】
★ 赤ちゃんが生まれたよ!~出産ドキュメント~


 
nice!(64)  コメント(34) 
共通テーマ:妊娠・出産

nice! 64

コメント 34

ma2ma2

本当にお疲れ様です!
こればかりは女性に頭が上がらないです(^^)
by ma2ma2 (2015-01-28 18:57) 

てんてん

普通、生まれたての赤ちゃんっておさるさんみたいだけろ
かわゆい女の子ですね~♪
by てんてん (2015-01-28 21:37) 

barbie

お疲れ様でしたʕ•̫͡•ʔ♬✧
私はもう26年も前のことなのに、また大変だった時のことを思い出して気が遠くなりそうです(笑)23時間もかかったしなぁ(^^;)
ビーズを仕上げるあたり、さすが二人目、余裕を感じました。
by barbie (2015-01-29 00:26) 

assimane

男には経験できないことなのですが、大変なので経験できなくて良かった(笑)
うちの二人目の時は、夜に嫁と電話して、『今日は生まれないよ』と聞いたので
眠ったら、朝方に電話が鳴り、『生まれましたので、適当な時間に来てください』と
言われ、はぁ~?と何がなんだかわからず、感動もなく生まれました。
by assimane (2015-01-29 01:01) 

るぐっちぃ

ハラハラドキドキしながら読ませていただきました。
あたしも次男の時は立ち会いましたが、オロオロしたのを覚えてます。
出産後相方はタマゴで産まれて欲しい〜って言ってましたよ(^^;;
by るぐっちぃ (2015-01-29 08:15) 

mimimomo

おはようございます^^
ご出産、おめでとうございます(もう以前のことでしょうけれど^^
これは大変なお仕事ですものね。
健康で優しい女の子になってくれるといいなぁ~なんて勝手に思うわたくし^^
by mimimomo (2015-01-29 09:17) 

サンダーソニア

100人計産婦さんがいれば100通りのストーリーがあるんですよね。
そうそう 縫うときには麻酔なしだから 痛いのなんのって
指先に針をちょこっとさしたって痛いのに 縫うんだもの。
男性にはわからない感覚とは思いますが同じ痛さを感じると
失神するそうですね。
それを我慢する女性はエライと思います。
女性を軽視する人には あの痛さを味わってほしいww
by サンダーソニア (2015-01-29 11:02) 

(。・_・。)2k

おめでとうございます(^^)
スゲ~可愛いっすね~

by (。・_・。)2k (2015-01-29 11:54) 

森のノーム

おめでとうございますヾ(@⌒ー⌒@)ノ
いいお顔してますね!赤ちゃん、ずっと見ていたくなります☆
楽しい時間をいっぱい過ごしてね♪


by 森のノーム (2015-01-29 18:55) 

幸

感動のドラマを観ている様です。
パパ嬉しかっただろうなあ。
by (2015-01-29 21:23) 

Lonesome社っ長ょぉ〜

新しい生命誕生のドキュメント、これに勝るドラマはありません。
改めまして、おめでとうございます。
by Lonesome社っ長ょぉ〜 (2015-01-29 21:24) 

センニン

お疲れ様でした。
これ以上素晴らしい仕事はないですね。
by センニン (2015-01-29 21:32) 

rika

読んでてウルウルして来ました。
丁度今日、友人と出産の話になり「あまり覚えてないね~」と。。
初産は何事も初めてで、長時間の戦いなので記憶も曖昧ですよね。
でもこうやってリアルなお話を読むと、少し思い出してきました。
私も備忘録的にBlogに綴った事も思い出しました。
4時間って凄いです。
経産婦さんってそういうものなのかな~??
by rika (2015-01-29 23:34) 

いっぷく

おめでとうございます
私もまたその感動を味わいたいですが
もう孫がいてもおかしくない歳なので
うらやましいです
by いっぷく (2015-01-30 02:24) 

Kiki

おめでとうございます!
出産のときはいつまでもずっと
忘れる事はないですね。
わたしも昨日のように思い出しました!
1人目女の子 2人目男の子…大安産だったけど。
育児は男の子は超超大変でした!
by Kiki (2015-01-30 11:15) 

りんご

♪ ma2ma2さん ♪
ありがとうございます^^。
うんと感謝して頂きたいところです(笑)。
貴重な経験をさせてもらって、
女性の側としても感謝ですね^^。
by りんご (2015-01-30 11:37) 

りんご

♪ てんてんさん ♪
ありがとうございます^^。
奇跡的に上手に撮れました^^b。
おさるさん写真も多数です(笑)。
by りんご (2015-01-30 11:37) 

りんご

♪ barbieさん ♪
頑張りました^^。
ひとりめの時はもういっぱいいっぱい・・・と
思っていたので随分間があいてしまったのが、
正直なところです^^;。
ビーズは余裕は全くなくて冷静な計算です^^;。
怒らせずにより早く仕上げてなんとかしないと
ということばかり考えていました。
そちらも無事に出来てよかったです(笑)。
by りんご (2015-01-30 11:40) 

りんご

♪ assimaneさん ♪
あはは。そんな感じだったのですね^^。
assimaneさんの体験談とは違う感じでごめんなさい!
でもきっと私の突然の激痛みたいな感じで、
急に来ちゃったんでしょうね。
私もまだまだ・・・って思ってましたもん。
奥様は電話出来ないでしょうから、
病院の方でしてくれたらよかったのに・・・なんて
思ってみたりもしますが、既に上のお子様が
いらっしゃるとその辺りの配慮もあるのかも
しれないですね^^。
by りんご (2015-01-30 11:43) 

りんご

♪ るぐっちぃさん ♪
たまご方式、いいですね!奥様頭いい(笑)!
立ち会っても何してよいかわからないですよね。
正直、最初立ち会う意味があるのだろうか?と
思わなくもなかったのですが(笑)、
途中からはなかなかいいアシストで助かりました^^。
瞬間に居合わせるのは夫婦の共同体験として、
いいもんですね。
男性側からの経験、感じたことも気になるところです^^。
by りんご (2015-01-30 11:49) 

さる1号

お疲れ様でした
出産ってドラマチックなんですねぇ
いっちょやったる!という気概、女性の頼もしさを感じます

読みながらウチの奥さんに陣痛どうだった?って訊いたら
破水から帝王切開だったから知らないと・・・・ーー;)
by さる1号 (2015-01-31 06:23) 

hide-life

僕は3人とも陣痛室までは一緒にいましたが分娩は立ち会ってません。
情け無い限りですが僕が倒れると思ったので・・(汗)

『どう?生まれそう?』←皆言いますね(笑)
勿論気にかけてくれてるのですが、うちの奥様は『もう産まへーーん!!』と発狂してました(笑)

男には分かりませんがお産はやはり赤ちゃんとの共同作業なんでしょうね。
改めておめでとうございます。
by hide-life (2015-01-31 12:21) 

りんご

♪ mimimomoさん ♪
ありがとうございます^^。
大変なお仕事ですがだからこそ一番
やってよかったと思える大仕事ですね^^。
「健康で優しい」・・・全くその通りですね。
私もそう願いたいです(^_-)-☆
by りんご (2015-02-01 05:36) 

りんご

♪ サンダーソニアさん ♪
初産の時には祝い膳を産後ママたちと一緒に
頂いたので、十人十色を強く感じました^^。
面白いですよね、人それぞれで^^。
やっぱり痛いもんですよね。
記憶になかったひとりめって一体・・・と
思いました^^;。
なかなか褒めてはもらえないので、
自分でよくやったって言っておきましょう(笑)。
by りんご (2015-02-01 05:39) 

りんご

♪  (。・_・。)2kさん ♪
ありがとうございます!
スゲー可愛く写真が撮れました(笑)^^b。
by りんご (2015-02-01 05:39) 

りんご

♪ 森のノームさん ♪
ありがとうございます^^。
眺めてると時間があっという間に過ぎます^^。
楽しく過ごせるようにゆとりを
大切にしたいと思います。
by りんご (2015-02-01 05:41) 

りんご

♪ 幸さん ♪
ありがとうございます^^。
目の当たりにして喜びが増していて
くれていたら、私としても嬉しいですね^^。
by りんご (2015-02-01 05:42) 

りんご

♪  Lonesome社っ長ょぉ〜さん ♪
ほんとに上回るドラマは思い浮かばないです^^。
ありがとうございます!!
by りんご (2015-02-01 05:44) 

りんご

♪ センニンさん ♪
ありがとうございます^^。
ほんとに最もいい仕事なのでしょうね。
幸せなことです^^。
by りんご (2015-02-01 05:46) 

りんご

♪ rikaさん ♪
思い出しますよね。
でもほんと記録しておかないと、
驚くことに忘れるんですよね^^;。
私も備忘録的意味合いが大きいです。
既にだいぶ忘れて枝葉が落ちていると思います。
直後にUPしていたら倍以上の長さに
なっていたと思います。
今UPして正解かも(笑)。
私の周りの経産婦さんは4時間前後が多いですね。
やっぱり初産は大変な傾向みたいです。
by りんご (2015-02-01 05:48) 

りんご

♪ いっぷくさん ♪
ありがとうございます^^。
お孫さんが産まれるのは、もしかすると感動は
子どもに比べて少ないのかもしれませんが、
喜びは多いのではないかと勝手に想像しています。
そちらも思い浮かべると楽しいですね^^。
by りんご (2015-02-01 05:50) 

りんご

♪ Kikiさん ♪
ありがとうございます^^。
枝葉の部分は忘れていきますが、
感動はずーっと残りますね。
初産から大安産なんて羨ましい!!
ひとりめのことは思い出したくないです^^;。
男の子ふたりは大変なのでしょうね^^。
きっと女の子以上に体力勝負なんだろうなぁ・・・。
公園の滞在時間も長そう(笑)。
ちょっとやってみたいなぁとも思います^^。
by りんご (2015-02-01 05:53) 

りんご

♪ さる1号さん ♪
ありがとうございます^^。いやぁ、ドラマですね。
さる1号さんの出産の経緯も含めて、
ドラマだと思いますよ。
予想していなかったと思いますので、
帝王切開??と奥様もその時にはきっと
驚いたり動揺したり、もしかすると安心したり、
いろいろ感じるところがあったと思います。
実際、ひとりめが陣痛からのスタートだったので、
破水からだったらどうしたらいいのだろうか??と
わからず想像だけでドギマギしていました^^。
by りんご (2015-02-01 05:58) 

りんご

♪ hide-lifeさん ♪
主人もひとりめは立ち会いたい雰囲気を
感じなかったので、どうなのかと思ったのですが、
ひとりめは遠かったからで、
どちらでもいい・・・というので内心ちょっと
驚いていました。
実際ひとりめは立ち会いじゃなくて
よかったと私も思っています。
hide-lifeさんの選択も正解でしょう!!
ほんとみんなどう?って聞いてくれるんですよ(笑)。
気にかけてくれるのは心から嬉しいのですが、
うまいごまかし返答も浮かばず、
困ってしまうし、申し訳ないんですよね^^;。
発狂したくなりますね(笑)。
共同作業なんだなと冷静に思えたのは
今回の経験があってこそですね。
いろんな意味で感謝です。
ありがとうございます^^。
by りんご (2015-02-01 06:03) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。